<< 易しい問題だろ? | main | 困った時のトラックバックBOX >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

ミッション インポッシブル

翌日、俺はミッションをやっていた。
勿論、それがミッションだったなんて、知りはしなかった。

サンドリアの1番目は
斥候オークを殺して、その証拠を持って来いという物だった。
何をどうしたらいいのか、さっぱり分からなかった俺は
とりあえずオークを殺してみようと思い、
目に入るオークをすべて殺していった。

途中ロンフォの補給地点でヒーリングしていた時に、
となりに誰かいたので、思い切って話しかけてみた。
昨日のPTが楽しくて、PT厨になっていたのは当然。

「こんにちは。何してるんですかぁ〜?」
「ぁ?見てわかんないの?ヒーリングだよ」

グハ 当たり前の返事だがちょっとひどくね?
と思ったが、
「そうですか」とだけ返事してその場を去って言った。
そして見かけたのがタルタルさん。
勇気を振りしぼって今一度声をかけた。
「こんにちは何してるんですかー?良かったら一緒にPTしませんか?」
PT希望や、なんたらはさっぱり知らなかったので、
失礼だったと思います。しかもセイでww

するとその方
「いいですよ〜誘いますね」

早速PTに入り、その方と二人で狩っていく。
「先日始めたばかりなので、よく分からないので、
 気づいた点あったら教えてください。」
「おぉ〜そうなんですかー」

とかなんとか会話して、
「LSっていうのに入ってみませんか?」
「ん・なんですか?それは」
「ちょっと待ってね」

まぁそこで恐らくこんなLS会話があったと思います。
「ちょwww新人拉致した。みんな集合〜」
(注:妄想ですので事実とは限りません。)

でワラワラと沸いて来る高LVなLSメン
「そうだミッションやりました?」
ミッションが何のことか分からなかった俺は
「なんですか?それは」

イタイネー俺ったらw
「え〜っと」

とオークうんぬんがミッションだったという事を理解して、
LSメンバーでオーク狩りの始まりです。
高LVがいるわけだからサクっと出て終了。

そして記念すべき1つめのLSを貰いました。
当分の長い間このLSをづっとつける事になります。

スポンサーサイト

| - | 15:56 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://kuny.jugem.jp/trackback/97

Trackback