<< 激キレ!「お前殺すぞ!!」 | main | 易しい問題だろ? >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

初めてのレベル上げPT

と言っても二人なんだが、

傷薬クエをコンプした俺は、ひたすらモンスを殴っていた。
無茶にモンスに喧嘩売っては死に、HPに戻りって
事を数回繰り返していた。

そんな時俺の横でバシバシ殴り倒すガルカがいた。
2〜3回死んだ時かな、死体になった俺はちょっと休憩の
つもりで、タバコでも吸いながらそいつの戦いブリをみていた。
すると、ヒーリングをたくみに使いこなしている。
それに、必殺技みたいなものを使っている。

なんなんだアレは・・・

休憩も途中に俺はHPに戻り、又そこに向かった。
そして勇気を出して聞いてみた。

「そのバキバキバキってやるのは、どうやるんですか?」
今、思えば恥ずかしい質問だった。
そう、その人はコンボを使っていたのだ。
勿論俺も戦士だが、殴りでやっていたので、使えるはずだったんだが、
勿論説明書を読まないKunyさんは、そんな事知りませんでした。w

そこでWSなるものを教えてもらい、急に戦闘が楽になったのを記憶している。

「ちょっとだけパーティ組みましょうか?」
とても興味心身な俺は、嬉しくて即返事だった。

PT組んでから色々教わった。
なぜ強いモンスに喧嘩売っていたかと言うと、
「調べる」をしてなかったからだ。と言うか知らなかった。

そして装備はすべて初期装備で武器は素手!
装備品の整え方すら知らなかった。

今思えば、よくやってたなと思う。

戦士は片手剣使った方がいいですよ

最低限の装備は持っておいた方がいいですよ
とか
武器、防具は店ではなくて、競売を使ったほうが安いですよ
などの本当の基礎を教わりました。

早速町に戻り、装備品を整えました。
そしたらなんともまぁ、
とっても強くなった気がしたもんです。w

その日はそこで落ちて、翌日もなんとなく、
そこへ行くと彼がいた。その日も彼と一緒に二人でLV上げをしていた。

なんとかLV10になった時、ある出会いが俺にとって初めての
LS加入になった。

スポンサーサイト

| - | 11:38 | - | - |

Comment

Submit Comment









Trackback URL

http://kuny.jugem.jp/trackback/95

Trackback